北川の本塁打が歴史上最も劇的

野球ボール

2001年のリーグ優勝がかかった試合、九回3点をリードされながら満塁の場面で北川選手が代打に起用されました。この試合で勝てば優勝ですが、これは本拠地で行われる今シーズンの最終試合のため、地元ファンの前で優勝を決めるには、もうこの九回で3点を追いつくしかありません。

その絶体絶命の場面で打席に入った北川選手は、なんとホームラン。満塁で一挙4点が入りますからこれで逆転サヨナラの試合終了です。しかもこの瞬間にリーグ優勝が決定し、またそもそも3点差でしたから満塁ホームランでの4点で余分な点はないことになりますが、このことを野球の世界では釣銭なしと言います。よって代打逆転サヨナラ優勝決定釣銭なし満塁ホームランという、プロ野球の歴史でも唯一の場面となりました。この勢いをかって北川選手はその後のシリーズでも五割の打率を残し、活躍しました。

そしてこの時劇的な優勝をしたにもかかわらず、この数年後にチームはなくなってしまいます。同じリーグの別の球団と合併したからですが、その球団というのはその時対戦した相手のチームです。自分の方はなくなってしまいましたので、そのユニフォーム姿の最後の名場面ともなりました。このホームランは今でもプロ野球の歴史上最も印象的なハイライトのシーンとして今も語り継がれています。

プロ野球のブックメーカーはこちらへ

ネット越し

珍しい代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打

ボールとグローブ

長い野球の歴史の中でも大変珍しいのが代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打ではないでしょうか。

今のプロ野球ファンの中で最も印象に残っているのは当時まだ大阪近鉄バッファローズ時代の北川選手が打った場面だと思います。9回裏の近鉄の攻撃の時点でスコアは5対2とオリックスが3点のリードをしている状況です。ここで近鉄は驚異的な粘りを見せます。先頭バッターがヒットで出塁し、次のバッターも二塁打で出塁、その後のバッターも四球で出塁しノーアウト満塁の状況を作ります。ここで近鉄の監督はこの試合で3打席凡退している選手に代わり代打に北川を送ります。この試合に勝てば近鉄は優勝な訳ですが、まさか誰もが満塁本塁打を打つとは思っていなかったでしょう。

野球ボール

ボールカウントが2ストライク1ボールと追い込まれた状況で北川選手がフルスイングした打球は、バックスクリーン左横の観客席に飛び込む本塁打となりました。この本塁打により近鉄が6対5でオリックスに勝ちパ・リーグ優勝が決定しました。

これが長いプロ野球の歴史の中でも史上初となる代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打です。代打逆転サヨナラ満塁本塁打はプロ野球の歴史の中で何度かありますが、優勝決定となると北川選手の1人となります。

勝負の行方